TEL

頭痛 | 高円寺・中野・杉並区 ナチュラル整骨院 東高円寺

お問い合わせはこちら

頭痛


zutsuu1
zutsuu2
zutsuu3
zutsuu4

あなたの頭痛は肩こりが原因で起きているかもしれません。まずは高円寺・中野・杉並区のナチュラル整骨院 東高円寺でご相談ください。

頭痛は「日本人の慢性痛NO1」とも呼ばれるほど、多くの方が頭痛に悩まれています。パソコンでの長時間デスクワークや、スマホやゲーム機の利用などによっても頭痛が起きやすくなります。これは長時間同じ姿勢でいることで、肩周りの筋肉が緊張し、コリが生まれ、いわゆる肩こりにつながります。

肩こりははじめのうちは肩まわりだけが張って痛みを感じる程度であっても、徐々に症状がひどくなると頭痛につながる恐れがあるのです。たかが頭痛と思っていても、気づけば肩こりだけでなく、頭痛やめまいなどの症状を引き起こす結果になってしまうことも。

高円寺・中野・杉並区のナチュラル整骨院 東高円寺では肩こりからくる頭痛を積極的に治療しております。肩こりの改善としては骨盤や骨格矯正を行い、筋肉もほぐしてあげるとより効果的です。あなたの慢性的な頭痛は肩こりや首のこりが原因で起きている可能性があります。

まずは高円寺・中野・杉並区のナチュラル整骨院 東高円寺へお越しいただき、頭痛の原因を特定していきことで治療がスムーズに行えるようになります。高円寺・中野・杉並区のナチュラル整骨院 東高円寺は保険診療が適用されているので安心して通院していただくことが可能です。

長年の頭痛改善してみませんか?

頭痛を改善していくのは難しいと考えている方が多いと思います。そもそも何が悪くて頭が痛いのかよく分からない!という
方がほとんどだと思います。頭痛は様々な原因ででる事がありますが,筋肉が悪くて頭痛が出てしまうという方が多いのです。
頭にも覆うように筋肉は張り回っています。その筋肉がぎゅっと縮んでくると同時に血管をも締め付けてしまうので頭痛が出るというケースがほとんどです。
これを「筋緊張性頭痛」と言います。緊張するのは日頃の筋肉疲労によるものもあり,ストレスなどの精神的要因でも緊張することもあります。
ただし頭の筋肉だけが緊張するのではなく,首から肩までにかけて緊張してしまうことがほとんどで頭だけの緊張を取るだけではいけないことです。
頭から肩背中周りまでしっかりと緊張を取ることがより頭痛の改善に繋がるのです。
中野・東高円寺のナチュラル整骨院東高円寺院ではそんな頭痛でお悩みの方々の施術を多くさせていただいております。
1回の施術でも頭痛が半分以上楽になる事も十分あり得ます。
頭痛もいきなり出てくるものではなく蓄積疲労から出てくるケースも非常に多いため一度しっかりと症状を取ってからは再発予防の
為に施術を行っていくことをオススメさせて頂いております。過去にも週に何回も頭痛に悩んでいた方が当院にて施術を行っていくうちに
頭痛の出る回数が減っていき,次第に頭痛が出ることなく生活できるようにまで改善された方もいらっしゃいます。
何処に行ってもなかなかよくならない方・何処に行けばいいのかわからないという方!是非当院へ一度ご連絡下さい!

お天気の悪い日は、頭痛日和!

インナーマッスルセラピーは頭痛に対しても効果を発揮できる治療法になっております。
天気が良くない日でも頭痛や不快な症状が出ない身体作りを!

頭痛も整骨院で解消

整骨院=頭痛というイメージは持ちづらいと思いますが実は頭痛が原因でご来院されている方も多くいらっしゃいます!!
頭痛でお悩みの方でどこに通院すればいいのかわからないという方!是非一度ご連絡くださいませ!!

自律神経を整えましょう

自律神経が筋肉の影響で乱れてしまうと頭痛などの症状が出てしまうことがあります!!
背中,又は首周りの筋肉をしっかりと治療を行い自律神経を整えましょう!!

古くからの慢性症状に対しては自費診療がお薦めです!

頭痛をお持ちの方は長年頭痛に悩まされている方も多いと思います。
そういった方には、自費の診療を組み合わせた長時間の治療をお薦めしています。
自費診療を行えば、今まで頭痛薬を飲まなければ安心できず、また、長期にわたり服用していた為に効果が薄れて更なる強い薬に頼っていた生活にストップをかけることが出来ます!

辛い頭痛も筋肉が原因で起こってきます

筋肉の中でも特に背骨際の筋肉は頭痛の原因にもなりやすいのです。
背骨際をしっかりと治療してあげると自律神経症状の頭痛もよくなります。

頭痛改善のメソッドがあります!

当院には頭痛に対して有効性を証明できるメソッドがあります!
ぜひ一度体験してみてください。
どんなタイプの頭痛にもしっかり治療することができます!

頭痛は種類によっては本当に耐え難いものもあります

群発頭痛・・・聞いた事ありますでしょうか?
群発頭痛は人が生きてる間に味わえる痛みのベスト3に入る程の痛い頭痛です。
主にストレスや精神的疲労などによって引き起こすことがあるみたいです。
そうなってしまわないうちにしっかりと治療をしていきましょう!!

ストレス性の頭痛

頭痛にもいろいろな頭痛といろいろな原因がありますね。
お仕事が忙しかったり子育てが忙しかったり・・・
自分に余裕がなかったり身体が疲労しているのにも関わらず忙しいので身体にムチを打って働き続けている状態が多いのではないでしょうか?
今世の中はストレス社会と言われています。
よくストレスで頭が痛いなんて良いますが、実は本当にストレスであたまが痛くなってしまうのです。
人間に限らずほかの動物も自律神経というものが備わっています。
まず自律神経とはということなのですが、自律神経には交感神経といわれるものと副交感神経といわれるものの2つを総称して
自律神経というのです。
簡単にご説明するとスイッチのオンとオフのようなものなのです。
交感神経がオンで、副交感神経がオフになります。
ストレスが高まると交感神経が優位になり常にオンの状態が続きます。
交感神経が優位になると血管が細くなり血圧が上がります。
そして筋肉は硬くなってしまいます。
首や肩が硬くなった筋肉に締め付けられと神経や血管を圧迫してしまうので頭痛に繋がってしまいます。

オフィスで起こる頭痛

頭痛は常に痛みが出ている状態や頭痛の症状がでてしまう時と別れますが最近良く聞くお話では、仕事中によく頭痛がする。というお話を聞きます。その理由は長時間同じ姿勢
であったり冷房や冷風が直接当たってしまうのでそれが筋肉を硬くさせてしまったりと血流を悪くしてしまうことが多いのです。
血流循環が悪くなると筋肉は硬くい痛みが出てしまいます。肩や首は頭に流れる血管が通っているので周囲の筋肉が硬くなってしまうと頭に血液が回らなくなってしまったり神経を圧迫してしまうので頭の重さやめまい吐き気、頭痛に繋がってきてしまいます。
実際には頭皮したにも筋肉があります。頚や肩が緊張を起してしまったり血液循環を悪くしてしまうと頭皮の下の筋肉も一緒に硬くなって頭を締め付けてしまうことになります。
結果強い頭痛に悩まされてしまうのです。運動不足や冷えからでも筋肉は硬くなり血液循環も悪くなります。
頭痛に悩まされている方が行っていくことは深層筋の治療になります。
深層筋を緩めることによって血流の改善と痛みの改善をしっかりと行っていくことが大事なのです。遅いということはありません!一刻も早い治療が長引かせない秘訣です。

勉強疲れや仕事疲れからくる頭痛

受験勉強やデスクワークなどハードに筋肉を悪くしてしまっているかと思います。
デスクワークみたいにですくにむかって長時間同じ姿勢でいると血液の循環が悪くなってしまいます。特に姿勢なんかは猫背になって顔は前に出てしまって腰や、背中、肩、頚、頭に大きな負担を掛けてしまっています。
姿勢も悪く同じ姿勢を繰り返しているのでどんどん筋肉は硬くなっていきます。特に頚と頭の間は固くなりやすく、椎骨動脈や後頭下神経が通っている為圧迫されてしまいます。結果、頭痛やめまい吐き気などにつながってきてしまいます。頚や肩の筋肉の緊張を引き起こすと頭に血液が回ってこなくなり頭の筋肉も硬くなり締め付けられてしまいます。
これが筋緊張型頭痛になります。
長時間の勉強やお仕事で同じ姿勢になってしまうと頭がぼーっとしたり集中力を欠いてしまいます。効率も悪くなってしまうので余慶にストレスも溜まってしまいます。
しっかりと休憩をとってストレッチや身体を動かすように心がけましょう。しかしそれはあくまで予防にしかならないので、一刻も早くインナーマッスルセラピーで健康な身体をてにいれましょう!!!

季節の変わり目で気圧の変化で辛い頭痛が出てきてしまう方!高円寺・中野・杉並区のナチュラル整骨院 東高円寺でご相談ください。

当院ナチュラル整骨院東高円寺院にも頭痛でお悩みの方が多くいらっしゃっております。この時期は暑さから寒さへの切り替わりの時期でもあるので,
どうしても辛さが出てきてしまう方が多いようです。そんな辛い頭痛も整骨院で良くなるのかと言いますと,良くなるのです!!
気圧の変化で筋肉の内圧が上がり,緊張しその緊張した筋肉が頭の血管などを圧迫してしまい,頭痛などは出てくるので筋肉の緊張を取っていき,緊張が出ずらいように
してあげることが今後の頭痛改善にも繋がります。

自律神経と身体のバランス

血液循環が悪くなると自律神経という神経が身体の機能を下げさせまいと働きます。このとき心臓や血管の働きにも影響を及ぼします。しかし筋肉が硬くなったり辛い症状を出しているとこの自律神経がが乱れてしまいます。頭痛のひとつの原因として自律神経の乱れからくるケースがあります。頭にも薄い筋肉が着いています。この筋肉が硬くなってしまうと筋肉の緊張性の頭痛として出てきます。ほかにも血管の拡張性の頭痛もあります。自律神経は交感神経と副交感神経と2つの神経があります。この2つの神経はシーソーのようにバランスを保っています。交感神経が優位になると身体は興奮状態になります。生き物の本能的なものですぐに身体が動くように働きます。逆に副交感神経というのは身体をリラックス状態にしていく神経なのです。本来であれば日中は交感神経が優位になり、夜や寝る頃には副交感神経が優位になります。日中と夜中はこうして自律神経がバランスを保って身体の機能を保ちます。身体をしっかりと保たせるにはこの自律神経必要不可欠なのです。筋肉の緊張から自律神経は乱れていきます。早めの対処で身体はしっかりと変化します。

頭痛の原因は筋肉にあるかも知れません

頭痛の原因は様々出すが、筋肉が硬くなってしまうことで頭痛を起こすことがあります。肩周りの筋肉が硬くなって来ると首の周りの筋肉まで硬くなります。そうなることで血液の流れが悪くなり、筋肉がとても硬くなります。そうなることで頭に向かう血流が悪くなるので、頭痛を起こしやすくなります。特に季節代わりの今のような時期は気圧も変化するので、血液の流れる量が変わり、筋肉が硬くなりやすくなります。肩コリからの頭痛はとても辛いです。なのでしっかりと改善する必要があります。東高円寺のナチュラル整骨院ではインナーマッスルセラピーを行い、深層筋の治療を行っています。深層筋をしっかり改善することで血液の流れをしっかりと改善することが出来るので頭痛の改善に繋がります。深層筋は表面の筋肉ではなく深い所にある筋肉です。普段だとなかなか触ることが出来ない筋肉なんですが、当院のインナーマッスルセラピーではしっかり深層筋を触り分け的確に筋肉の悪くなった部分を刺激することで悪くなった部分を改善していきます。筋肉が悪くなってくると血液の流れが悪くなるので治療することで筋肉の状態を改善して血液の流れを改善します。しっかり治療することで頭痛はしっかり改善できるので、長い間頭痛でお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

季節代わりは頭痛に注意

東高円寺にあるナチュラル整骨院ではインナーマッスルセラピーを行い深層筋の治療を行っています。

季節の変わりめは、気温や気圧が変化するので体調が悪くなる片も多いと思います。身体にかかる負担は筋肉も同じで、その変化になじめず筋肉疲労をお起こしい易いです。筋肉が疲労すると血液の流れが悪くなります。また気圧が低くなると、単純に酸素量が減ります。

血液は身体中に流れていますが、何をしているかと言うと、栄養を運んだり、酸素を運んでいます。筋肉などを動かすには、栄養と酸素が不可欠です。

また静脈ではいらなくなった二酸化炭素や疲労物質が運ばれます。気圧が下がり酸素が減るとより酸素を沢山運ぼうと頑張るので血液中の赤血球が増えます。そうすることで血流量が増えるんです。筋肉が硬くなり血流が悪くなっているのに血液量が増えてしまうことで、血管内が渋滞を起こし、その周りがむくんでしまいます。血圧も上がる為頭痛の原因になります。ナチュラル整骨院ではインナーマッスルセラピーを行うことで、深層の筋肉の血流を改善させ、このような症状を改善させる事が出来ます。頭痛は長引くと辛い症状です。早く取り除いたほうがいい症状です。頭痛でお困りの片は遠慮なくお尋ね下さい。

筋肉の硬さから起こる頭痛

頭痛の原因は様々です。その中でも多いのが筋緊張型頭痛なのです。筋肉が緊張して神経や血管を圧迫したり、締め付けられるような痛みが特徴の頭痛です。実際に頭の筋肉が緊張を起こして頭を圧迫させている状態と、もしくは周囲の筋肉が緊張を強くしてしまい痛みを出してしまい、その痛みが頭に響く『放散痛』と呼ばれるものがあります。例えば肩の筋肉が緊張を強くして痛みが出ているのですが、神経がその痛みに反応して周囲の神経が痛みとして出てしまっている状態なのです。この時、痛みが出ている頭痛の出ている箇所が悪くなっているのではなく別の筋肉が緊張を起こしてしまうので頭痛が出てしまっているのです。ここで痛みの根本をしっかり治療しなければ良くなりません。特に冷えは筋肉を緊張させたり神経を過敏にさせてしまいます。更に悪い筋肉は3層構造になっており深層部に筋肉の根本的に悪さをしているところがあるのです。痛みが出ているところでも、なぜそこに痛みが出るのかをしっかりと考える必要があり、原因は様々ということを覚えていたほうがよいということなのです。

低気圧と頭痛

天候によって頭痛を引き起こしたり身体の不調を訴える方がいますね。気圧の変化がどれだけ身体に影響を及ぼしているのかというところですが実際にはどんな変化がおきているのでしょう。気圧が低くなると空気中の酸素濃度が薄くなってしまう為体内が酸素不足、つまり酸欠になってしまうのです。うまく酸素が摂取できないのであくびがでたり眠気に襲われたりしてしまうのです。ここで酸欠と頭痛の関連性なのですが、パターン1は血中の酸素が少なくなる為に筋肉に十分な栄養がいきわたらない為に筋肉が硬くなり筋緊張性頭痛が起こってしまうのです。そしてパターン2酸素が薄くなるために身体は酸素を取り込もうと働きます。血管を拡張させて少しでも酸素を集めますが拡張が強いと、今度は片頭痛(拍動性型頭痛)が起きてしまい案ス。この拍動性というのは頭が締め付けられるような筋緊張性頭痛とは違い、ドックンドックンと血管が波を打つかのように痛みが出てしまうがあります。気候は変えられませんが自分の身体は変えられます。こうした気候の変化に対応できる身体作りをしていくことがとても重要なのです。身体の機能をコントロールしているのは自律神経が働いています。しっかりと筋肉を緩めて不摂生をなくし、健康な身体作りをしていきましょう!!!!

ストレスと頭痛

人間には適度なストレスが無ければ身体や脳機能の低下など起こすため必要なものです。
しかし適度なストレスを越えてしまうと心身に害を与え、欝などを引き起こす要因になります。
ストレスが強くなると出る症状として「頭痛」があります。
頭痛の原因として自律神経障害があります。自律神経は全身に分布しており、頭部にも当然分布しています。
リラックスしているような状態では、自律神経系のうち副交感神経というリラックス系の神経が活性化しています。この状態だと頭部の神経もリラックスしており、頭部の筋肉も適度に緩んでいます。しかし反対にストレスがかかったときは交感神経という緊張系の神経が活性化します。緊張時は筋肉が収縮するため、頭部の筋肉も収縮し、頭を締め付けるため、これも頭痛の原因になります。つまり頭頸部の筋肉が凝り固まると頭痛に繋がリやすくなるのです。
深層筋治療は神経を整えることも効果として出すことが出来ます。
何処に行っても頭痛が治らないとお悩みの方は是非お試しあれ

頭痛の種類と対処法

そして頭痛は大きく分けて3つの種類があります。
1)緊張性頭痛
首や肩の筋肉がコリ固まってしまったり、疲労やストレスなどにより主に後頭部から頭周囲に痛みが出るものです。
西遊記の孫悟空が頭につけている輪っかのきんこじが締め付けられたような痛みという例えがあるみたいですが、頭が締め付けられるような鈍い、重い痛みがあります。
デスクワークが増えている現代人に非常に多くなっていると言われています。
2)片頭痛
何かしらの原因で首から頭に向かう内頸動脈が拡張することにより三叉神経を圧迫してしまい頭痛が起きるものです。
主にこめかみの辺りに痛みが出ます。虫歯がある際の頭痛と同じように鈍い痛みがあります。これは歯の神経が三叉神経なので同じような痛みが出るといわれています。
刺激を受けている三叉神経からの信号を脳に送る際に眼や耳に関わる場所に誤った信号が言ってしまう為、光に敏感になったり、耳鳴りを伴うこともあります。
3)群発性頭痛
主に20~40代男性に多いといわれる頭痛で季節の変わり目や悪天候などでも起きてきます。
長ければ数ヶ月も症状が続くといわれています。
【対処法】
1)の緊張性頭痛は首や肩の筋肉のこわばりやストレスなどが原因で起きるため、首、肩周りを温める。首や肩の治療をする。運動をする。お風呂にしっかり温める。などです。
2)の片頭痛は拡張してしまった内頸動脈を収縮させる必要があるので、首を冷やすことが重要です。温めたり、運動はかえって悪化させる可能性があります。
3)の群発性頭痛は自律神経を整える必要があります。自律神経は交感神経と副交感神経に別れます。簡単な整え方は4秒間で息を吸い、8秒間かけて息を吐いてください。
息を吸うときは交感神経が働き、息を吐くときは副交感神経が働くといわれています。この自律神経を整える方法は頭痛以外の症状でも役立つので覚えておくと良いかもしれませんね。
首や肩が悪い方は頭痛が起きやすいのでもし頭痛でお悩みでしたら当院にご相談下さい。

頭痛を解消

頭痛を訴える方は多いです。
女性にも男性にも多い症状が頭痛です。
頭痛の原因は頭痛の種類により変わります。
女性に多いのが片頭痛です。
片頭痛はこめかみの辺りが脈打つようにズキンズキンと痛みが発生する頭痛です。
こめかみの辺りには歯や顔の神経である迷走神経という神経があります。
この迷走神経が併走している血管の拡張により刺激を受けると頭痛が発生します。
血管が拡張する原因はストレスや疲れなどにより自律神経が乱れたり、血液内のセロトニンという物質が血管外に放出された際に反動で拡張したりします。
対処法は首を冷やすことでこめかみの血管が収縮するので首を冷やしてください。
そのほかにも睡眠時間の確保、規則正しい生活、ストレスを溜めないことが重要になります。
男性に多い頭痛が緊張性頭痛です。
緊張性頭痛の原因は首や肩の筋肉が凝り固まることにより筋肉内の血管を圧迫します。
血液の循環が悪くなり血管内の老廃物や疲労物質が溜まることで神経を圧迫し頭痛が起きます。
緊張性頭痛の特徴は頭が締め付けられるような頭痛や目の奥の痛み、後頭部の鈍い痛みです。
緊張性頭痛を解消するためには首や肩の筋肉を柔らかくしてあげること、温めること、運動することなどがあります。
頭痛はついつい薬に頼ってしまいがちですが生活習慣を変えることと筋肉の治療を受けることで改善できます。
辛い頭痛でお悩みでしたら当院にご相談下さい。

気圧の変化で頭痛が発生

天気が悪いと頭痛が起きるって方いらっしゃいますよね?
これは気圧の変化により自律神経が乱れるからなんです。
自律神経は背骨から出てきて内臓器系などをコントロールします。
内臓と聞くと胃や肝臓などをイメージすると思いますが実は血管も含まれます。
血管は交感神経により収縮し副交感神経による拡張します。
だから気圧の変化により交感神経が有利になると血管が収縮する為血液の循環が悪くなります。
血液の循環が悪くなると様々な症状を引き起こします。例えば身体が冷えたり身体の機能が衰えたりなどです。
頭痛が起きてしまうのは血管が収縮することにより血管内のセロトニンという物質が外に漏れだし神経を圧迫することによって発生します。
では頭痛を起こさないようにするにはどうしたらいいでしょうか?答えは自律神経の乱れを起こしにくくさせる必要があります。
自律神経が乱れ易い人は背骨周辺の筋肉が悪くなっていることが原因です。
首や肩、腰などに痛み・違和感などがある方は背骨周辺の筋肉が悪くなっていることがあります。
筋肉の治療をすることで頭痛を起こしにくくすることができるのです。
頭痛にもいくつか種類があり、いくつか原因がありますが筋肉の治療で改善できるものはたくさんあります。
辛い頭痛でお悩みの方は当院にご相談下さい。