TEL

交通事故 | 高円寺・中野・杉並区 ナチュラル整骨院 東高円寺

お問い合わせはこちら

交通事故

交通事故によるつらいケガの治療は高円寺・中野・杉並区のナチュラル整骨院 東高円寺へお任せください。

交通事故に遭った直後は特に痛みがないといった場合でも時間が経過してからむちうちの症状が出てきたというケースは非常に多いです。軽い交通事故のケガだと思っていても油断はしてはいけません。必ず医療機関での検査をしてください。検査の結果が出ましたら治療は病院以外にも、整骨院や接骨院でも可能です。

高円寺・中野・杉並区のナチュラル整骨院 東高円寺は交通事故によるむちうち症状がよくならない、交通事故に遭ってから体調があまり悪くないといった患者様の治療を積極的に行っております。交通事故によるケガの治療は早期発見、早期治療が最も重要です。

軽いケガだと思ってそのまま放置してしまうと、症状はどんどん悪化して、完治するまでに時間がかかります。最悪の場合後遺症として残ってしまうこともあるので気を付けなければなりません。また交通事故治療は専門的な治療が行える治療院がおすすめです。

高円寺・中野・杉並区のナチュラル整骨院 東高円寺では交通事故治療にも定評があり、数多くの患者様の施術をしてきた実績があります。わからないこと、ご相談がありましたら高円寺・中野・杉並区のナチュラル整骨院 東高円寺へお問い合わせください。

事故後の治療はお任せください!!

不運にも交通事故に遭われてしまって,いざ治療を受けようとしても実際にどこに行ったら良いのかわからないという方は多いと思います。お気軽にまずはご相談くださいませ!!

私達が責任を持って保険会社に交渉をし、患者様が必要とされる治療プランを提案致します。

実際の、患者様が今、何に困っていて、どれぐらい辛いのか、それが本来は一番重要なことですよね。

基本としては3ヶ月までが交通事故治療の目処とされてはいますが、実際の症状があればその後も延長して行うことは可能です。

決して周囲に左右されて、お辛い症状を我慢することはしないようにしましょう!!

自賠責保険で治療を受けることができます

自動車事故の保険会社とのやり取りも当院でしっかりと取らせていただきますのでご安心して治療を受けて頂くことができます。
治療以外の面でも出来る限りのサポートをさせて頂きます!

いつかではなくすぐに

いつか症状が出たら治療をすればいいか!!ではなく例え痛みなどが今は出ていなくても確実と言って良いほど何年後かにお身体に不調をきたします。
5年かけて悪くなったものは5年以上の時間をかけてあげないと良くはなってきません。

治療を受けるなら・・・今でしょ!

題名は少し前の流行語ですが・・・笑
交通事故での治療については本当に受傷後「すぐ」の治療をお奨めします。
あとでいいや・・・というのが「後遺症」を残してしまう最大の要因になります。
すぐに治療を受けてくださいね!

後々になって・・・

事故の度合いは状況それぞれですが、事故の直後は特に目立った怪我もなく
平気だったなんて思ってしまう方が多いのです。
数日後に身体の節々が痛くなる事があるので
身体の為に少しでも早く治療を受けに行きましょう!

実はスゴイ衝撃なんです

交通事故というのは自分で考えている以上にスゴイ衝撃なんです!
頚う体は脊柱という骨が連なって身体を構成しているのですがその連なった
関節や周りの組織にダメージを受けてしまっているので、しっかり治療しましょう!

後遺症を予防しましょう!

病院にいっても、異常なし・・・・
ですがやっぱり痛みがでてつらい!というとき
痛み止め飲んだだけでは根本は改善されません!
根本を治療して後遺症予防をしましょう!

さまざまな症状

事故の直後は気がつかなくても徐々に症状が出てくるケースがあります。
頭痛、めまい、吐き気、身体の節々の痛み、しびれetc…
色んな症状に悩み続ける前に早めに受診しましょう!

朝9から夜20時まで診療受付

朝から夜まで診療受付しております。
お仕事に行く前や帰り道にでも通院しやすいよう夜まで受付しております。
治療は先延ばしにしないように!!!

早期発見!早期治療!

もしも不運なことに交通事故にあわれたら、一刻も早く治療しましょう!
やはり身体が資本!仕事や出かけたときなど色々な場面で影響が出てしまいます!
早めの治療を心がけましょう!

帰宅ラッシュは要注意

交通量が増える連休の事故にはお気をつけください!
ナチュラル整骨院は祝日も休まず開院しております!

身体の不調

事故の後の後遺症は1年や2年とかではなく数十年や一生
関わってきます。
一刻も早い治療をオススメ致します。

早めの治療

交通事故は自分がおもっているよりもすごい衝撃です。
早めの治療が大きな鍵になります。後遺症を残さないように、しっかり治療をしましょう。

痛みを引きずらない為に

身体の痛みはすぐにでるとは限りません。
身体中の筋肉や関節にダメージを負っている場合がありますので
インナーマッスルセラピーが有効です。

今は我慢できても

最初は気がつかなくてもどんどん痛みが強くなってきたり
何年か後に痛みを残さないようにしましょう。

朝から夜まで

事故はいつ起こるかわからないものです。
朝は9時から夜は20時まで開院しております。お仕事の前や後でも来院をお待ちしております。

しっかりと最後まで

事故のあとは後遺症状が残り易いので途中で治療を
やめずにしっかりと治しましょう

身体が資本

事故の後忙しいからと治療を受けずに身体を無理させながらがんばっても
やはり身体が資本なのでずっと頑張り続けられません。
身体を治しましょう!!!

IMTで根本治療

IMT(インナーマッスルセラピー)とは根本治療なのです!!!
治療は開始するのが遅れれば遅れるほど長引いてしまします。
早めの治療を!!!!

これからの連休

これから夏休みであったり連休があったりと出かけることが多くなると思います。
その分事故の確率も増えますので気をつけましょう!

事故治療なにをするの?

交通事故に遭われた場合筋肉をいためてしまいます。
私たちはインナーマッスルセラピーでしっかりと傷ついてしまった筋肉を理療します。
事故に遭ってしまったら是非ご相談ください

長引かせたくない

治療期間を早めたい方。最初に治療を始める速さでかなり左右されます。
早めの治療をオススメします。

早期治療で痛みを残さないように

交通事故は早めに治療をしていかないと良くなるスピードが変わってきます。
早期地様が事故治療の鍵です!!!
当院はいつでもお待ちしております。

事故治療はお早めに

交通事故に遭ってしまった場合筋肉にとても大きなダメージを負ってしまいます。
ちょっとした軽い事故から大きな事故で規模やダメージ

痛みや辛さを引きづらないように・・・

交通事葉大きなダメージを筋肉や靭帯、腱や細胞組織に与えてしまいます。
筋肉は細かい傷を負いやすく日常てきにダメージを負ってしまいます。
悪くしてしまった筋肉を放置しておくとのちのちに響いてきてしまいます。
事故のあとは痛めた!!!というよりも事故のショックやアドレナリン、身体の緊張が強くて
あまり感じない方がおおいのです。
しかし時間が経つにつれてどんどん痛みが出てきたり気持ち悪さなんかの症状がでてきたりと、
後になってかrだの不調を気がつく事が多いのです。
気がつくと筋肉がばんばんに張りが強くなっています。これは筋肉の防御性反応が働いている状態なのです。
筋肉は3層構造にわかれています。その表面である筋肉の緊張が強くなっている状態をしっかりと
緩めてから深層筋の治療を行って早めの治療をしましょう。
治療が遅くなると事故のあとの治療が長引いてしまうのでしっかりと治療しましょう。

どうやって治っていくの?

交通事故は大きな衝撃が身体に加わってしまいます。
最初は痛みが少なくてもあとになって体のダメージの大きさに気がつくことがあります。
事故の直後はアドレナリンやショックで自分の身体の状況に気が付かないので治療を開始するんぽおが遅れてしまう方もいらっしゃいます。
実は目に見えない筋肉の細かい傷であったり筋肉のダメージがある状態なので早めの治療を行っていくことが大事なのです。
身体は自己回復機能があり、身体を治そうと働きます。しかし筋肉が硬くなり過ぎていたり筋肉の傷が深いと
自己回復機能が上手く進まなくてなかなか痛みが取れない回復しないという状況なのです。
自分では身体の機能を潤滑に働かせられない場合はしっかりと治療を進めていくことが良いのです。
しっかりと筋肉の深部でかたくなってしまった筋肉に刺激を与えて血液循環を改善させることによって
身体の自己回復機能を回復させてあげることが重要になります。
直接筋肉を緩めるというところよりも筋肉に刺激を与えて患者様自身の回復力を高めてあげることにより
身体を回復させることで治癒していくのです。

交通事故の恐さ

事故の直後は痛みを感じなかったりします。
しかし大きな」衝撃で身体中の筋組織にダメージを与えてしまうのです。その後徐々に痛みが出てきてしまいます
自分が気がついていないダメージと
痛みや不快感を身体が感じていると筋肉の表面が硬くなってきます。
この筋肉の表面が硬くなってしまう理由というのも痛めてしまった筋肉や周囲の組織を守ろうとするのです。
筋肉は実はとても傷がつきやすい組織なのです。
細かく微細な損傷をしてしまいます。もとから傷がつきやすいのですが事故などで大きなダメージを負ってしまうと更に大きく傷をつけてしまいます。
痛めてしまった筋肉の周囲筋が硬くなって痛めてしまった筋肉を守ってしまいます。
この時に筋肉の緊張を強くさせて周囲の血管を圧迫してしまいます。
結果、血管から血液の水分が漏れ出てしまうのでそれが皮下組織へと溜まり浮腫みとなってしまいます。これが張り感や表面の緊張になります。
まずはこの表面を緩めるのが大事になっていきます。
表面の緊張をとらなければ深層部の筋肉を緩めていくことは難しいのです。
私たちは筋肉の中でも深層筋にアプローチして根本から治療するのが目的なのです。
深層筋を治療して根本的に治療をおこないましょう!

自律神経の乱れ

交通事故は凄まじい衝撃だけではなく精神的にも衝撃が凄まじいのです。
事故に遭ってしまったということはおもいのほか精神的にもダメージがたまってしまいます。
身体にももちろんダメージがあり精神的ダメージも重なり筋肉は興奮状態になり自律神経が乱れてきてしまいます。
自律神経が乱れるとどういうことが起きてしまうかというと、基本的には身体の状態が興奮状態になってしまいます。
本来、夜や就寝時は副交感神経が優位になり身体はリラックス状態になりますが自律神経が乱れてしまうと
夜寝るときに筋肉や神経が興奮状態になって眠れなくなってしまいます。ようやく眠りにおちても身体は興奮状態で血流の循環が悪い状態であれば
寝ているときも身体は回復しない状態になり硬くなってしまった筋肉や緩まずにどんどん疲労を為こんでしまいます。
血液は身体や組織を回復させる大事な栄養素が含まれています。
夜に寝ている時に血液の循環をよくして身体の回復を促進させますが自律神経がみだれているとこの機能が上手く働いてくれません。
事故のダメージだけではなく身体を回復させる機能も減少してしまうので
筋肉をしっかりと緩めて自律神経も整えましょう。

交通事故の恐いところ

目に見えるケガはすぐにきがつきますが、目に見えないケガはなかなか対処を行うことが遅くなってしまいます。
目に見えるケガは痛みだけではなく視覚的に『危険だから早く治さないと!!!』という
精神状態になります。しかし目に見えない症状や痛みは『痛みはそのうちに消えるだろう・・・』
と思ってそのままにしてしまう方が多いのです。
交通事故はとても大きな衝撃があり筋肉に細かい傷を作ってしまいます。
これが目に見えないケガなのです。
筋肉はとても傷つき易い組織なのです。日常生活やお仕事」、スポーツでも細かい傷を作ってしまいます。
この積み重ねで痛みが出たりしますし、交通事故によって筋肉に傷がついてしまい、この傷が治りきっていないから痛みや症状がとれないのです。
やはり交通事故はとても大きな衝撃であり日常生活で出来てしまった筋肉の細かい傷とは違い深い傷が付いてしまいます。
今まで重ねてきた細かい傷でできてしまった悪い下地の上にまた傷を負ってしまい、更に悪い下地になってしまいます。
この筋肉を治療していくには一刻でも早い治療を行っていくことが大事なのです。
傷が付いてしまった筋肉は放置してしまうとどんどん悪くなり治りにくくなってしまいます。
早めに受診して痛みを残さず治療しましょう!!!!

交通事故でケガをしてしまうと、衝撃が強いので、深層筋まで傷が付いてしまうことがあります。深層筋が傷ついてしまうことで、動きが悪くなったり、痛みが強くなることがあります。しっかり治療を行わないといつまでもつらい症状が残ることもあります。痛さだお困りの方はお気軽にご相談下さい。

事故後の筋肉治療

交通事故はいつ起こるかわかりません。しかし事故で起こってしまった怪我や痛みは実は身体にたくさん負荷を
かけているのです。筋治療を行うべきというのはそもそも筋肉はとても傷がつきやすいのです。
自分が気がついていないあいだに細かく微細な損傷を起してしまいます。もとから傷がつきやすいのですが事故などで大きなダメージを負ってしまうと更に大きく傷をつけてしまいます。痛めてしまった筋肉の周囲筋が硬くなって痛めてしまった筋肉を守ってしまいます。
この時に筋肉の緊張を強くさせて周囲の血管を圧迫してしまいます。
結果、血管から血液の水分が漏れ出てしまうのでそれが皮下組織へと溜まり浮腫みとなってしまいます。これが張り感や表面の緊張になります。
まずはこの表面を緩めるのが大事になっていきます。筋肉は傷つき易い反面回復し易い組織でもあります。
本来は血液循環が良い状態なので回復が早くなるのですが、浮腫みやスパズムの影響で循環が悪くなり回復する力が落ちてしまいます。
表面の緊張をとらなければ深層部の筋肉を緩めていくことは難しいのです。
私たちは筋肉の中でも深層筋にアプローチして根本から治療するのが目的なのです

ツライ後遺症

交通事故は身体の至る場所に症状がでてしまう可能性があります。
自分が気がつかないうちに筋肉や細かい靭帯や軟部組織までに傷が出来てしまっている場合
目に見えない身体の傷、ダメージがどんどん蓄積している状態なのです。
目に見える傷はすぐに手当をしなければ!!!!!と、なりますが目に見えない傷はすぐに
処置しようという気になる方というのは案外少ないのです。
多くの人がこの痛みに耐えられるかどうかを判断し、耐えられなければ治療をしよう!というくらいの認識が多いのです。
事故の後はすぐに治療を開始しなければあとあとになってツライ症状が何年も続いてしまうのです。
事故の直後というのは事故のショックで神経や筋肉が興奮状態にあるので、痛みを感じにくかったりして治療を後回しにしてしまうケースがあります。

こういった処置の遅さが後遺症を残してしまうのです。

インナーマッスルセラピーの根本治療

筋肉はダメージを受け易い組織です。日々日常から身体を酷使されている人や交通事故で身体を痛めてしまってながいあいだ痛みに悩まされている人も多いかと思います。
交通事故で身体への衝撃によって細かい筋肉組織が傷ついてそれが治りきらずにいることをご存知ですか?筋肉を痛めてしまうと炎症反応が起こります。炎症反応というと嫌な
イメージがありますが身体を治す大事な反応です。この炎症反応が止まってしまうと筋肉は回復をやめてしまいしこりのような筋肉になります。
これを筋硬結といいます。悪い筋肉には3層構造あります。筋肉の表面が硬くなってしまう筋スパズムという筋肉の防御性反応が1層目になります。
2層目には筋浮腫といわれて筋スパズムによって圧迫されてしまった血管から外に水分が漏れ出てしまうと皮下組織に溜まってしまう状態を筋浮腫といいます。
これは生理的反応で身体にとっては自然な反応なのです。しかしこの反応がですぎれば痛みやつらい症状になってしまいます。
痛みの物質を出してしまっている筋硬結が3層目にあります。これをインナーマッスルセラピーで深層筋への処置が大切になります。根本的な症状をしっかり取り除きましょう。

整骨院で事故治療

交通事故で受けてしまった根深い痛みやつらさ。しっかりと治療していますか?
事故治療を行うのがおそくなってしまうとその分治療に掛かる時間が長引いてしまいます。お仕事や家のことなどでお忙しいと、自分の身体をおろそかにしてはいけません。
まず身体が資本になります。そこをおろそかにしてしまうと今はいいのですが、今後痛みを一生引きずったりつらい後遺症を残してしまいます。
交通事故の衝撃はとても大きな衝撃になります。気がつかないあいだに体を蝕んでしまっています。
筋肉はじつはとても傷がつきやすい組織なのです。筋肉は血液が豊富で回復力も早いのですが深い傷や慢性的に傷がついてしまっている筋肉はしこりのような状態になって
血液の循環を悪くしてしまいます。結果的に靭帯や筋肉や靭帯、軟部組織が傷ついたりすると傷ついた箇所から痛みの物質を出します。
プロスタグランジンというものだったりカリウムイオンといったものが出続けています。
これに気づかず治療を怠っていると痛みがあとあとになって出てきてからでは遅いのです

事故診療をいち早く始める

事故のケガを少しでも早く治すにはすぐに医療機関にかかることとしっかりと治療を継続していくことが大事なのです。
交通事故でよく起こる頚の症状はムチウチといいます。ムチウチはものすごい勢いでムチを打つように頚が前後に振られてしまう為に起こってしまう症状なのです。
車という前後に動く乗り物が故に起こりやすい症状なのです。
人間の身体は前後に湾曲しています。脊柱(背骨)というからだを支える屋台骨があり、頚の背骨は前湾して背中の背骨は後湾、腰の背骨は前湾しています。
上手い具合にS字を描いて身体のバランスを保っているのです。
しかしムチウチの様に背骨に対して大きい力が加わるとこの湾曲がなくなってしまい、真っ直ぐになってしまいます。もともとある湾曲はバランスを取る為でもありますがクッションのような作用もしているのです。身体のクッション聞かなくなってしまうと背骨にある関節(椎間関節)に負担がかかり関節を痛めてしまいます。そして周囲の筋肉にも負担はかかり筋肉の痛み(筋痛症候群)もでてしまいます。
こうした症状を改善するには筋肉に刺激を与えて血流循環を良くしてお身体の回復能力を高めてあげることが重要になります。
早めのち治療をオススメします。

交通事故での腰痛

交通事故での腰痛はツライ症状が続いてしまいます。事故ではスゴイ衝撃が身体に加わってしまいます。実際にぶつけて痛めたり越の筋肉に深いダメージを負ってしまいます。
日常生活でも実は筋肉に細かい傷を負ってしまっています。気がつかないうちに筋肉の疲労や痛み不快な症状を溜め込んでいるケースがあります。この溜め込んでしまっている痛みは気がつく人と気がつかない人がいます。
日常的に腰痛もちの方も日頃疲労は溜まっているけれども気がついていない人もそこにさらに腰へのダメージを深く受けてしまうのです。筋肉の痛みに気がつかない人はそのきっかけで痛みがでてきてしまうのです。もとからある筋肉の傷に傷を上塗りしてしまう形になってしまうのです。事故自体は大したこと無いからすぐに治るだろうという方も実はそこが
落とし穴になります。もとから筋肉が硬く腰が悪い状態のところに傷をつけてしまうと、血液循環が悪くなっている所に傷がつくの回復力が落ちている状態なのです。
血液の中には酸素や筋肉を構成する大事な栄養素が含まれています。以前から筋肉の悪い下地を作ってしまっている状態であれば血液循環が悪い状態なのでもちろん回復力も落ちてしまっている状態なのです。すぐに事故治療をして継続して治療していきましょう!!

事故後はいち早く治療をする必要がある理由

事故時は身体に強い衝撃がかかり筋硬結が生まれます。筋硬結は自覚症状がなくとも体内に潜伏し、日常の筋肉の負担が積み重なると筋硬結のコリは深くなり、時間差で症状がでてきます。それは疼痛や動きの鈍さだったり、筋硬結が出来ている所以外でも症状がでてくることがあります。筋硬結が出来ているということはいわゆる筋肉の病気です。症状は一度落ち着いても治療なしで治ることはまずありません。特に事故などの強い衝撃を受けた後は筋硬結が根強く存在します。そして周囲の筋肉にも負担はかかり筋肉の痛み(筋痛症候群)もでてしまいます。こうした症状を改善するには筋肉に刺激を与えて血流循環を良くしてお身体の回復能力を高めてあげることが重要になります。
早めのち治療をオススメします。インナーマッスルセラピーはその深層筋の筋硬結の除去を目的にします。まず表面の筋肉を12~20分かけてほぐしていきます。表面の筋肉が緩んでから深い筋硬結にアプローチが出来ます。筋硬結へは手技による神経性炎症を起こし、筋硬結に血液を集める生体反応を起こし、人間の本来持つ自然治癒力により筋硬結を除去していきます。よく問診で状態をうかがい、正確な手順で施術を行えば、事故後などのどんなに強い症状でも」必ず良くなりますよ。

事故後の後遺症による止まらない頭痛

事故後ですが、警察を呼んだり、保険の対応をしたりと緊急でやるべきことが多くあり、気が動転してしまうこともあるでしょう。
「むちうち症状も首の痛みも背中の痛みも頭痛も腰痛もしないし。診断書、必要なしだな。」と思いがちです。
後遺症や後遺障害というワードは頭に浮かびません。高次脳機能障害とか記憶障害も予想しません。事故発生時は、突然追突されたことに対する憤りでめまいがおこり、ご自身の怪我のことに頭が回らないこともあるでしょう。
しかし、事故から2、3日たった後、遅い場合は、1週間後、1か月後に、
「頭痛い・・首が痛い・・・腰が痛い・・」
「なんか耳鳴りと微熱発熱が・・脳内出血してないかな?」
「高次脳機能障害なわけないよね?」
追突事故によって骨折・脱臼などの症状がある場合はその場ですぐに気づきますが、衝撃を頚や腰に受けた場合、一部の症状については、その場ではめまいもなく微熱もなく、後になって首の痛みに気が付くということが多々あります。また、事故直後は、体全体が緊張しており、交感神経も優位になっているため「痛み」に対して、強い状態(鈍い状態)なのです。落ち着いた頃、 後で痛み、後から痛みが突然やって来る前に治療が必要です。

重度の事故は鈍磨になる

交通事故の怪我で一番怖いのは「後遺症」です。事故当初は異常な緊張状態にあり、痛覚神経が鈍麻している為に自覚症状が無い事が多いのですが、緊張状態が落ち着いて、痛みを自覚し始めた時には長期治療をしなくてはいけない事態に陥っている…などと言う事もございます。交通事故にあってしまいましたら、必ず掛かり付けの病院や治療院へ来院される事をお勧め致します。痛みを出すと周りの筋肉でかばい、痛みをごまかそうと身体が反応します。まずは筋肉の緊張を取り痛みを出している場所を明確にする必要があります。まずは視診で姿勢や歩き方、身体の動かし方で判断します。その後、問診で何処がお辛いか明確にし、その場所に対し、炎症反応を与えていきます。炎症を与えると血液が集まり治癒までの過程が正常に進み始めます。放っておいても治ることはありません。むしろ衰える一方です。「症状がでなければいいや」ではなく後遺症にならないようお早めに治療していきましょう!

後遺症めまいの危険

交通事故による頭や首への衝撃によって、めまいやふらつきが生じることは珍しくありません。しかし、ほとんどの場合、1ヵ月以内に治ります。
交通事故後のめまいとして最も頻度が高いのは、めまいです。内耳(ないじ)に存在する耳石(じせき)が半規管(はんきかん)内に入り込むことによって生じると考えられています。寝たり起き上がったりお辞儀をしたりといった動作によって回転性のめまいが生じます。頸椎(けいつい)の靭帯(じんたい)・椎間板(ついかんばん)・関節包(かんせつほう)・筋肉・筋膜の損傷によって生じる「外傷性頸部症候群(がいしょうせいけいぶしょうこうぐん)」(いわゆる、むち打ち症)、さらに、強い頭痛や吐き気も認められる場合には「脳脊髄液(のうせきずいえき)減少症」も念頭に置いておく必要があります。また、事故による不安や精神的ストレスはめまいの増悪因子となります。
交通事故後の治療は自賠責保険など、治療を受け易い仕方もありますので、当院にまずご相談頂ければと思います。

交通事故による後遺症でお悩みの方はご相談下さい

年末年始と連休で外出される方も多いと思いますが、そんな時に気をつけたいのは交通事故です。交通事故で多い怪我はむち打ちです。交通事故の衝撃により首が前後に大きく揺らされることで発生します。他にもハンドル損傷やダッシュボード損傷などにより骨折や脱臼なども多発します。色々な怪我がありますがやはり多いのは筋肉の怪我です。最初にあげたむち打ちも5つのタイプに別れますが最も多いのは筋肉の損傷による怪我です。これむち打ちの中で80%を占めます。だからこそ交通事故後は筋肉の治療をしなくてはいけません。当院で行っているインナーマッスルセラピーという治療法は筋肉の根本治療が出来る都内で1%、全国でも3%の治療法です。この治療のスゴイところは急性の怪我にも慢性の怪我にも効果があるという所です。もしも交通事故に遭われてしまった場合はすぐに病院に行って診断書を貰ってください。それを持ってくれば整骨院でも治療を受けることが出来ます。診断の箇所によって治療時間が変わってきます。筋肉の痛みはほっとくと慢性的な痛みとなります。そうなるとそのまま良くなることは難しいです。そのためやはり早期からの治療になります。お辛い症状でお悩みでしたら当院にご相談下さい。

交通事故後の治療はおまかせください

新年度になり新しい環境に移動する人もいるのではないでしょうか?
学校や会社が変わり引越しをしたりするため交通量が多いのが今の時期です。
さらにまもなくゴールデンウィークになるために交通量はさらに増えます。
交通量が増えると多くなるのが交通事故です。そのためこの時期は交通事故の件数が一気に増えます。
交通事故に遭わないようにするのも大切ですが、もし交通事故に遭われてしまったら早急に治療をするのをオススメします。
症状が出て無くても?と思う人もいるかもしれませんが必ず治療を受けてください。
なぜならば交通事故後はいつ症状が出てくるかわから無いからです。
交通事故の衝撃は大きいもので軽い玉突き事故だとしても首などが大きく揺らされ鞭打ちになります。
痛みが出るのはもちろんのこと、めまい、頭痛、吐き気、シビレなどをひき起こすことがあります。
この症状が直ぐ出る方もいれば、何年か経ってから出てくる場合もあります。
だからこそ交通事故後は油断せずに直ぐに治療をすることが必要なのです。
当院にも交通事故後の治療で来られている方がいます。まずは整形外科に行き診断書を貰ってきてください。
診断の部位数によって治療の時間が変わります。
交通事故後の治療でお悩みの方は当院にご相談下さい。