TEL

スポーツ障害 | 高円寺・中野・杉並区 ナチュラル整骨院 東高円寺

お問い合わせはこちら

スポーツ障害


shisei_sports

スポーツ障害による体の異常は高円寺・中野・杉並区のナチュラル整骨院 東高円寺へご相談ください。

スポーツ障害とはスポーツをすることによって起こるケガや症状のことを言います。そのため行うスポーツによってスポーツ障害の種類も変わってきます。足を頻繁に使うスポーツにおいては、ふくらはぎ、太もも、足首などにスポーツ障害が起こりやすく、腕や肩など上半身を使うスポーツの場合は、肘、肩などに炎症を起こしやすくなります。

例えばテニスであればテニス肘、野球であれば野球肘など各種スポーツによって起こるスポーツ障害には名前が付けられています。特に利き腕を使ってスポーツをする場合、体のどちらかを頻繁に使うため、バランスを崩しやすくなります。

スポーツ障害ははじめのうちはスポーツをしている時だけに痛みや違和感がでますが、そのまま放っておくとどんどんと症状は悪化し、スポーツをしている時以外にも痛みを感じるようになってきます。高円寺・中野・杉並区のナチュラル整骨院 東高円寺ではスポーツ障害の施術も得意としており、たくさんの患者様の施術を行ってきました。

今後もスポーツを楽しくできるように高円寺・中野・杉並区のナチュラル整骨院 東高円寺ではサポートさせていただきます。スポーツ障害でお悩みの方はまずは高円寺・中野・杉並区のナチュラル整骨院 東高円寺へご相談ください。

若年性のスポーツ障害にも強い

最近では中学生などの比較的年齢が若くスポーツをされている方の障害、例えばオスグット,シンスプリントなどが非常に多くなってきていますので気になる方は是非当院へ。

中学生までは、医療助成も適応できます!

中学生までのスポーツ少年少女には医療助成が適応になりますので保険内の治療であれば0割負担で治療を受けることができます!怪我の多い時期でもありますので怪我予防は徹底していきましょう!

パフォーマンスの向上も出来ます!

普段痛みがあると、満足にプレーができない方は多いのでは?
骨盤の回旋、肩甲骨の動きなど、長年使いすぎて痛めてしまった筋肉を治療することで、スポーツの質を向上させていきましょう!

最高のパフォーマンスをしましょう!!

最高のパフォーマンスをする為には身体の状態が良くなければ発揮することができません。
筋肉の緊張やハリ感がある状態では最高のパフォーマンスはできません。
怪我依然にご自身にとっての最高なお身体の状態にしていきましょう!!

いつまでも健康に動き続けるために

筋肉は可逆性の性質を持っています。可逆性とは一度傷つき,悪くなってしまったものでも適切な措置を取れば、元に戻るというものです。筋肉を治療し筋肉の健康を保ち続けるということは一生自分の好きなこと,やりたいことをしていくということに繋がります。

小学生中学生のお子様

小中学生のスポーツでの怪我は早めに対処することをお奨めさせて頂きます。
治りが早い分,早めに治療してあげないと慢性化しやすくもあります。

繰り返し繰り返しで起こってきます

スポーツ障害の主な原因は、繰り返しの疲労によるオーバーユースです。
定期的に身体をメンテンスしていくことで、このような障害を起こすことは少なくなるのでケアは欠かさずにして行きましょう!!

がむしゃらに???

スポーツをするときに大事なことは技術や精神だけではなく身体も大事です。
筋力や大きさだけではなくケガをしないことも上手くなる秘訣です。
予防やケアを軽んじてはいけないことを心に留めておきましょう!

選手生命

選手生命は長いほうがよりスポーツを楽しめますよね。
長続きするコツはケガや痛みをしっかりケアしていくことです。

予防?治療?

スポーツ障害はスポーツ選手にとってはいつも背後につきまとう厄介なものです。
いつケガに繋がってしまうのか、不安な気持ちはありますよね。
スポーツ障害もさまざまなケースがあります。

筋肉に耐え切れないような力が加わってしまって筋肉自体がブチブチと切れてしまい痛みがでてしまうケースと
スポーツや日常生活で筋肉にこまかい傷や疲れを溜め込んで、それが許容範囲を超えてしまうと痛みが出てきてしまいます。
痛みが出てきてしまう状態というのは筋肉についてしまった細かい傷が治りきっていない状態です。
筋肉や組織というのは傷ついたり痛めたりすると炎症反応を起こして回復します。

しかし痛みや不快な症状が出続けたりすると周囲の筋肉が傷ついた筋肉を庇ってしまうのです。
庇われると筋肉は炎症反応が止まってしまいます。
止まるといっても完全に止まるわけではなくくすぶった状態の炎症反応になるのです。

炎症反応が収まると組織は修復した状態になるが常に炎症を続けている状態になってしまいます。
こうした状態が続くとこの筋肉は悪い下地になってしまい、新しい傷をつけてしまいます。
何回でも新しい傷を作ってしまうので、その前に悪くしている悪い下地を治療して
ケガ、スポーツ障害を予防しましょう!!!

ケガの治療

スポーツでは激しい運動や危険がいっぱいです。骨折や捻挫、肉離れ、オーバーユースなどいろんなケガがあります。骨折はもちろん整復と固定が必要なのですが、
実際に壊れた組織を治すのは自分自身の身体なのです。自己回復力を高めていくのに必要なのは血液が必要なのです。血液循環が弱ってくると回復力や免疫機能も一緒に落ちてきてしまうのです。ではどうやって治療を行っていくのかと言うと筋肉を揺るめて血液循環をしっかりと良くしていくことが大事なのです。

そしてもう一つ。脊柱(背骨)から神経がでています。脊柱の際についている多裂筋という筋肉があります。この筋肉は身体を支える大事な筋肉でありインナーマッスルといいます。この筋肉が硬くなってしまうと脊柱からでている末梢神経を圧迫してしむのです。脊柱からいろんなところの神経は分布しています。神経障害がおこると分布している筋肉が過緊張を起こしてしまったり、本来緩むはずの筋肉が緊張し続けたりします。ケガ自体はよくなったけれどもまだ痛むといったとき、実は脊柱周囲の筋肉の緊張によるストレスそせいでまだい熱海が抜けないといった症状に繋がってしまいます。しっかりと神経障害を起こさないように治療を行いましょう。