TEL

肩こり | 高円寺・中野・杉並区 ナチュラル整骨院 東高円寺

お問い合わせはこちら

katakori1

katakori2

katakori3

肩こり

誰にでも起こる肩こりの治療は高円寺・中野・杉並区のナチュラル整骨院 東高円寺へお任せください。

立ち仕事が続く、デスクワークで同じ姿勢を保つなどが原因で肩こりがひどくなるケースは多いです。また家事や育児に追われる主婦層も、赤ちゃんを抱っこすることで肩こりがひどくなったという声をよく聞きます。肩こりは慢性的な痛みだから仕方がないと諦めずにまずは高円寺・中野・杉並区のナチュラル整骨院 東高円寺へご相談ください。

高円寺・中野・杉並区のナチュラル整骨院 東高円寺では肩こりを改善するために根治治療を徹底しております。肩こりの原因を突き止めてその原因を改善するための施術を行っていきます。肩こりはひどくなると、頭痛や眼痛、めまいや睡眠不足といった様々な症状を引き起こす可能性があるのでできるだけ早期に治療を始めるべきです。

特に痛みが軽い時期に肩こりの施術を行っておけば治りも早く、通院期間も短くてすみます。肩こりの治療について詳しくお話ししたい方は高円寺・中野・杉並区のナチュラル整骨院 東高円寺へ直接ご連絡ください。肩こりは誰にでも起こることと諦めるのではなく、きちんとした施術を行って痛みのない日常生活を取り戻してください。

老若男女問わずに多い肩コリ

肩コリは全世代のお悩みの種の一つだと思います。
中には肩コリ暦20年や30年といった方も多いのです。
その長年お悩みを我々が解消いたします。インナーマッスルセラピーでその長年のお悩みの肩コリにさようならをしましょう!
肩コリというと単純なただの疲れだと感じますが医学的に言うと筋肉の病気の状態です。
肩コリも本来であれば自分で良くなっていくのが身体のメカニズムですがその自己治癒力がストップしてしまっている状態なのです。
この自己治癒力を再び起こしていかないと一度楽になったものでもすぐにまた悪くなってしまいます。

ただの肩コリだと思って放置しているとさまざまな症状の引き金になってしまいます。

たとえば四十肩・五十肩や手のしびれなど挙げればきりがありません。
そんな症状が出てきてしまう前にしっかりと治療を行い食い止めましょう!

慢性の肩コリも良くしていけます

もう何十年ものだから・・・などと改善を諦めてしまっている方も多いとは思いますが,
諦める必要は一切ございません。いくら悪くなってしまった筋肉でも適切な治療時間・治療頻度をこなしていくと必ず
お身体は変化していきます。いったいどのくらいの頻度でいくら治療時間が必要なのかは担当がしっかりと考え,ご相談
させていただきます。

肩コリも辛いです

肩コリと聞くとなんだかそんなに辛くなさそうなイメージをすることもあると思います。
ただ肩コリは重症化してしまうと肩関節周囲炎などにも繋がります。この肩関節周囲炎は所謂四十肩・五十肩のことです!
気になり始めたときが治療のスタートの合図ですよ!!

頭痛や眼精疲労も肩コリが原因

肩コリというと肩の疲労感やコリ感が症状として一番多いのですが,頭痛や目の疲れ、眼精疲労にも肩コリは繋がってきています。
肩コリは重症化してしまうとなかなか取れずらくなってしまいますので早めに対処していきましょう!

肩の奥のコリ

肩が凝っても中々ほぐれない、奥の方が気になるという人も多いとおみます。
奥底に眠る筋肉のコリが原因になります。
この深層部の筋肉をしっかりほぐしましょう!

手や指先が冷たくなる

肩から出ている血管や神経は腕や手まで伸びているので、
筋肉が硬くなり血管が圧迫されて手先が冷たくなってしまいます。

肩コリからくる頭痛

肩コリ・頭痛に強い高円寺・中野エリアのナチュラル整骨院で長年の慢性肩コリを解消!!

ナチュラル整骨院では肩コリ・頭痛治療も力を入れて取り組んでおります。どんなに長年の症状でも筋肉が原因であれば
治療さえしてあげればいくらでも良くすることが出来ます。

なんで起こる肩のコリ・・・

肩コリが起こるのは・・・微細な損傷を筋肉が負っていてそれが治らないからなのです。
結果しこりのような状態、筋硬結になってしまうからです。しっかり筋硬結を除去しましょう。

慢性的な

常に重たい感じを出してしまっている肩コリも元々は筋肉の微細な損傷を受けて
筋硬結ができてしまいます。その筋硬結を除去できると肩コリはなくなっていきます。

ほうっておかないで

常にある肩のコリ感や重ダルさ。何十年の付き合いだからと諦めてしまう人がいます。
むしろ何十年の付き合いだからこそ一刻も早く治療するべきなのです!

肩コリの治療

肩コリは1日、2日でできるものではありません。長年溜め込んできた筋肉のダメージ
が蓄積されたものです。
すぐによくなるものではありません。
しかし!しっかりと根本治療を行っていけば症状はなくなっていきます。

重たい肩に

首や肩の動きが悪くなってくると常に重たい感じが出てきてしまいます。
これが慢性化してしまう前に一刻でも早く治療しましょう!

いつの間にかの症状

普段肩が思いだなんて気にしていなかったのにいつの間にか
肩を抑えていることが多いのではないでしょうか?
無意識に首や肩をまわしていたと言うことは自分で症状に気がついていない証拠です。
実は肩コリは慢性的な症状と言われていますが、もともとは急性の症状を繰り返した結果が慢性期なのです。
筋肉は微細な損傷。簡単にいうと細かい傷を筋肉につけてしまってそれが治りきっていないから痛みがでてしまうのです。
しかし痛み方もそれぞれ違います。人間の身体は良くも悪くも慣れてしまうのです。
なれてくると痛みは違和感に変わりそれが持続して常にダルさになってくるケーすがあります。
いつも身体が重たい、やる気がしない。なんてことも実は筋肉が原因ということはたくさんあります。
実際に肩コリで血流が悪くなってしまうと頭に血液がまわらなくなって頭がぼーっとしたり目がかすんできたり、それが強くなってくると
吐き気までに発展してしまったりします。
最初は気がつかない症状でも実はどんどん身体がむしばまれたりしてしまうのです。
そこまでの症状がでてしまってからでは遅いのでしっかりと肩コリを字赤くっして
筋肉のおく深くに根付いている筋肉が硬くなっているところを除去しましょう!

肩コリからの頭痛

肩のコリであったり重たさが感じられたり日常的につらい感じが多い状態がつづいてしまいます。
肩のこりの原因はやはり普段の不良姿勢にあるのです。
悪い姿勢が身体に根付いてしまうのは1回、2回だけではそうそうなりません。
それを何回も何回も繰り返していくうちに筋肉は細かい傷を蓄えていってしまうのです。
この細かい筋肉の損傷が治りきっていないから痛みが出てしまうのです。
本来であればここで筋肉に炎症が起こって組織や筋肉の繊維を回復させるのですが、炎症反応が中途半端な状態で止まっているので
しっかりと筋肉が回復しないのです。
このなおりきらないで痛みや重い感じ、ダルさを常に出している状態をくすぶり炎といいます。
くすぶっている状態が続くとプロスタグランジンやカリウムイオンといった発痛物質が出て続けてしまいます。
長年の肩コリの正体は奥底に眠っている筋硬結というしこりのような結合組織が原因なのです。
これは放っておいても良くはなりません。
痛みになれて感じなくなることはあっても勝手にはなくならないので、しっかりと深層筋治療を行い
地位量に専念しましょう!!!!

デスクワークで肩の重たさ

肩コリの多くの理由は長時間緒暗示姿勢が多いというのが多いです。
ほかにも重労働したあとに筋肉のケアをしなくてそのまま放置してしまうことなどです。
筋肉はしっかりと動かしていかないと筋肉は硬くなってしまいます。
筋肉は力の使い方を大きく分けて2パターンあります。
身体を固定する力のアイソメトリック運動と身体を動かす力のエキセントリック運動とがあります。
普段デスクワークが多胃状態は実は筋肉がずっと使われています。
この時に使われているのが、身体を固定する力であるアイソメトリック運動が常に使われているのです。
当然筋肉は疲労を起こしたり力が入るのでその分疲れやすくなったりします。
常に疲労や細かい傷を筋肉にかけているのでますます筋肉のダメージというのは蓄積しています。
ご自分の身体の許容範囲を超えてしまうとこれが痛みに繋がります。
筋肉を傷めてしまうパターンが2パターンあるのですが1つ目が先ほどの日常生活や日頃の負担からくるもので、
もう1つが筋肉が耐え切れない負荷がかかってしまい筋肉の繊維がこわれてしまうパターンがありますが、
多くの人は前者のほうです。
日頃の疲れを溜めずに肩コリのない生活をしていきましょう。

肩コリは立ち仕事からでも

肩の痛みの多くはデスクワークからきてしまうというケースを多く聞きます。
しかし中には実は立ち仕事をしているんですけど肩コリが酷いのですという方もたくさんおられます。
ここで考えられることは3つあります。
まず一つ目は長時間同じ姿勢が原因というところです。
立ち仕事でも背筋を伸ばしたり筋肉を疲労させてしまう時間が長いということですね。
これは立っていても座っていてもその人の普段のくせや姿勢でどこに負担をかけてしまうのかというところですね。
次に2つ目
これは立ち仕事だけども重たい荷物を運んだり、前傾の状態が多かったりということもあります。
自分では立ち仕事なのになんでこんなに肩が重たいのだろう・・・と気になってしまう方がいるのですが、ご自分の仕事内容を振り返ってみると
心当たりがあるのではないでしょうか?
最後に3つ目です。
これは前述で書かせていただいた内容と少し類似してしまいますが
姿勢の乱れが原因なのです!言い方を少し変えると歪みです。骨盤は背骨を支える土台ですゆがんでしまうと
その上にある背骨も歪んでしまい、筋肉へと負担をかけてしまいます。

肩コリに多いのは

肩コリというのは負担がかかったあとにすぐにできるものではありません。
筋肉は血液に富んでいて回復力のはやい器官なのです。しかしそれとは正反対に傷つきやすいのです。
日常生活や重たいものを持ったり負担をかけてしまったときに、細かい筋肉の損傷というものが起きているのです
細かい損傷が起きても炎症反応を起こして回復するのですが、普段から何回も何回も同じ箇所にに細かい傷をつけていると
そこで起こるはずであった炎症反応を止めてしまいます。
止まってしまった炎症反応はくすぶった状態になります。これをくすぶり炎といいここで起こる痛みを筋痛症候群といいます。
これが長い時間続いてしまい痛みが出てる状態なのです。
普段からデスクワークや長時間同じ姿勢になっていると肩コリになりやすいのです。
なぜ肩コリが痛みとなってしまうのか・・・痛みの物質を出してしまうのやはり血液循環が悪い状態なのです。
常に重たい感じを出してしまっている肩コリも元々は筋肉の微細な損傷を受けて
筋硬結ができてしまいます。その筋硬結を除去できると肩コリはなくなっていきます
この筋硬結からでている筋硬結を除去して肩コリの無い日を送りましょう。

肩コリと姿勢の関係

肩コリと姿勢は実は関係が深いのです。肩コリは姿勢の乱れが原因なることが多いのです。姿勢が乱れると身体の重心が軸から外れてしまいます。
外れることによってバランスが悪くなります。人の身体だけではなく、物体自体には重心があります。
普通の建物や高いものというのは実はしっかりと重心があって、立っているのです。この重心が崩れてしまうと建物というのは倒れてしまいます。
人間の身体がなぜ重心が崩れても倒れないのはなぜか・・・というところなのですが、それはやはり筋肉が柔軟に対応してくれるから、人間は立っていられるのです。
しかしずっと同じ姿勢が続いてしまうと支えている筋肉が疲労してきて、今度は別の筋肉がその負担を肩代わりしてしまいます。
こうして歪みから始まった連鎖はどんどん筋肉を硬くしていってしまいます。
日常の姿勢の悪さから身体を蝕んでいくのです。
では今後どうすればいいのか・・・と悩んで末、やってしまいがちなのは【姿勢を正す】ということです。
しかし身体が歪んだ状態で筋肉が硬くなっているのでいくら姿勢を戻すと思っても歪んだ状態で筋肉が硬くなっているので元に戻りにくくなっているのです。
なので、時差際には姿勢を正す前にやるべきことはしっかりと筋肉を緩めていくことなのです。
肩の緊張が強い状態がながく続くと筋肉の硬さが自分の感覚では当たり前の様になってしまうので最初は重たいな・・・・・と気になっていたがそれも感じなくなってきてしまいます。身体は重たくて負担のかかっている状態が当たり前のような感じになってしまっているのです。
自分の許容範囲を超えてしまうと痛みに繋がってしまいます。

肩が凝った状態からの改善

筋肉が痛かったり重たい感じが続いたりと日常的に起こってしまいがちの多くは肩コリですよね。
常に肩が重く頭痛や倦怠感がうつきまといますよね。
肩の重たさや筋肉の硬さの原因は筋肉についてしまった細かい傷が治っていないからなのです。
筋肉は細かい損傷を起こしやすい組織ですがその分回復しやすい組織でもあるのです。
しかし傷が付いた後にしっかりと血流が流れてこないと筋肉の回復は止まってしまいます。
筋肉や組織というのは血液の中に含まれる栄養素で身体を構成していくのですが、血流循環が悪くなってしまうことによりこの回復速度が」おくれてしまい
結果てきに治りきっていない筋肉が出来上がってしまいます。
この筋肉のしこりのようなものを筋硬結なんて呼び方をします。
この筋硬結が痛みの元である発痛物質をだして痛みの原因になってしまいます。
筋肉はこのように不快な症状や痛みが出ると過剰に反応を起こしてしまい、
更に筋肉を固くしてしまいます。
細かい損傷が起きても炎症反応を起こして回復するのですが、普段から何回も何回も同じ箇所にに細かい傷をつけていると
そこで起こるはずであった炎症反応を止めてしまいます。
このサイクルが筋肉を固くしてしまう原因になってきます。
このサイクルをとめるために血流改善は不可欠なのです。

肩コリは深層の筋肉から改善できます。

肩コリの改善には深層筋の改善が必要になります。深層筋が固くなることで動きが悪くなり痛みが出やすくなります。深層の筋肉が痛んでしまうことで、身体には様々な症状が出てきてしまいます。表面の筋肉ではなく深層の筋肉をしっかり改善することで肩コリは改善します。肩コリは日常生活の中での姿勢の悪さで起こることだほとんどです。人の頭の重さは約7キロほどあり姿勢が前かがみになることで頭の重さの2倍の重さがかかってしまいます。パソコンなどをしているときの姿勢は頭の重さの3倍の負担がかかり増す。このようにして固くなってしまった筋肉は表面の筋肉だけでなく、姿勢筋である、深層筋が傷んでしまうのでしっかりとした改善が必要になります。このような症状に対して、東高円寺にあるナチュラル整骨院ではインナーマッスルセラピーという深層筋治療を行っています。インナーマッスルセラピーとは深層にある筋肉をしっかり触り分け、悪くなっている部分に対してしっかり刺激を入れることで、深層にある筋肉をしっかり改善させます。長く続くつらい肩コリの症状でお困りの方はおきがるにご相談下さい。

肩コリを残さないように

肩コリをなくしたい

肩コリとは基本的には自覚症状であり疾患とかではありません。ケガや病気ではありませんが、肩コリはとてもツライものですね。
肩の痛み重たさは筋肉からでているのです。筋肉からの痛みの物質を止めることと、その痛みの物質を除去することがとても大事なのです。
結論からいうとこれも血流改善が痛みの改善の第一歩です!!
痛みを出している起原因は筋肉の細かい傷が治っていないことが原因になってしまうのです。この細かい傷を治すのに必要になるのが血液になります血液の中には栄養素が含まれていてこれで筋肉を回復させて痛みの物質を出す状態を治します。
次に起こるのが血流循環よくなるので溜まっていた老廃物や乳酸を流してろ過させる必要があります。
これも血液循環が重要になります。
肩コリを改善するには血流循環を良くすることが1番なのです

長年の付き合いの肩コリ

昨日や今日肩がつらくなってしまったというよりも長年肩の重ダルさやツライ感じを出してしまっている人が多いのではないでしょうか?
最近痛めてしまった症状ならば比較的は早く治癒していきます。しかし長年積み重ねてしまった症状というのはすぐに改善出来るわけではないのです。木の根っこの様に長年かけておく深くに痛みの根本が根付いてしまっているのです。その根付いてしまった肩コリの原因は深部ふかくに根付いてしまっている状態なのです。
筋肉は何層にも何層にもなっていて深部の筋肉の硬さが強くなってしまいます。筋肉自体はしこりのような状態になっているのです。表面を少し緩めても時間が経過したりお仕事や日常生活を繰り返しているとまたもとの硬さに戻ってしまいます。根本的治療を行っていく場合は表面を緩めた上で深部の筋肉をしっかりと緩めていくことがだいじなのです。
まず肩コリの治療は継続していくことが大前提になります。深部の筋肉は硬くなっており血液循環は悪くなって痛みの物質であるプロスタグランジンやカリウムイオンといったものを出してしまいます。しっかりと深層部まで緩めて根本的な治療を行いましょう。
 

肩コリは治るのか?

肩コリにある深層筋の筋硬結を除去する必要があります。
インナーマッスルセラピーでは深層筋の問題についてアプローチし痛みが出にくい身体を目指します。
さらに普段の身体の使い方や癖を修正する必要があります。悪いからだの使い方をしていては繰り返し、筋硬結ができ、不快な症状を出します。
当院でしっかりと肩コリを改善していきましょう

大元の原因は・・・

肩のコリ感はなかなかとれにくいといわれています。肩コリに限らず慢性的な症状になってしまうとその分だけ症状は長引いてしまいます。筋肉を悪くしているところは3層構造に分かれています。そのうちの1層目は筋スパズムといって不快な症状や痛みによって筋肉性の防御反応のことを言います。痛みを出させないようにほかの筋肉をかばってしまうのです。そして次に2層目には筋浮腫といってムクミのこと言います。簡単にいうと水分です。痛みや深いな症状が起きてしまうと筋スパズムが起きます。筋肉の表層は硬くなってしまうので一緒に血管も圧迫してしまいます。圧迫されることによって心臓に戻るはずである血液の循環が悪くなってしまうのです。血液の水分」が血管の外に漏れだしてきてしまうのでその水分が溜まってしまうのがムクミといわれるものです。手がむくむ、足がむくむといった経験はありませんか?同じように腰や頚、肩も同じ様にむくんでしまいます。
肩はこるけれども自分で肩を揉んだときには柔らかい・・・と感じたことはありませんか?実はそれがむくみなのです。そのむくみの奥には筋硬結というしこりのようなものがあります。これが肩コリの原因となっているのです。しっかりと根本を治療してむくみや表面の緊張を出さないようにしましょう!