TEL

不眠 | 高円寺・中野・杉並区 ナチュラル整骨院 東高円寺

お問い合わせはこちら

不眠

不眠症状は高円寺・中野・杉並区のナチュラル整骨院 東高円寺で改善することができます

現代の日本人はストレスや不規則な生活リズムなどで不眠を訴える方が非常に多いです。不眠と一言で言っても様々な種類があり、寝つきが悪いパターン、眠りが浅くすぐに目が覚めてしまうパターン、寝ているのに疲れがとれないパターンなどがあります。本当に十人十色の現代病であるといっても過言ではありません。

不眠はストレスも関係していますが、自律神経の乱れによって引き起こされると言われています。高円寺・中野・杉並区のナチュラル整骨院 東高円寺では不眠症を改善するために、筋肉治療を行って筋肉のコリやこわばりを解消していきます。筋肉の緊張をほぐしてあげることで神経の圧迫が改善され、血行促進につながり自律神経の乱れもよくなるのです。実際に、不眠で悩まされていた患者様の後頭部の筋肉を治療し、「ぐっすり眠れるようになった!」と喜びの声をいただいております。

高円寺・中野・杉並区のナチュラル整骨院 東高円寺では不眠症の治療として筋肉治療、骨格矯正の他、ストレッチや手技マッサージなどを組み込んでトータル的なケアをすることが可能です。不眠になると仕事やプライベートにも影響が出てしまいます。また少しのことでイライラしたり、情緒不安定になったりすることもあります。改善できるはずの身体をそのままにしてしまうことで、生活の質(QOL)が低下します。不眠の症状を1人で悩むのではなく、まずは高円寺・中野・杉並区のナチュラル整骨院 東高円寺へご相談ください。

原因は自律神経の乱れ??

当院にも多くの不眠で悩む方がご来院されています。
自律神経の乱れといっても筋肉が原因で起こることなのでその自律神経を乱している筋肉を,根本的に治療していけば不眠症も必ず良くなります!
何日もずっと、眠れない日があり、睡眠薬などに頼ってしまっている方も多いのではないでしょうか?
しっかりと筋肉の状態を良くすれば、不眠も解消される症状です!一人で抱え込まず、ぜひ深層筋治療を受けてみてください。

ストレスなども原因の一つです

.
自律神経の乱れにより不眠症や様々な症状は出てきますが,ストレスなどを溜め込むと筋肉も硬くなり,自律神経が乱れてしまいます!!
特に背中の筋肉はストレスを強く感じると硬くなってしまい背骨際の神経を圧迫してしまいます。

不眠改善の実績もあります!

当院には数多くの自律神経症状での不眠に悩んでいる方の治療をさせていただきました。
その中のほとんどの方が症状の軽減,改善をご実感いただいております。

不眠治療承ります

不眠治療を整骨院で??と思う方もいらっしゃると思いますが,当院ナチュラル整骨院では不眠の症状の方の治療もさせていただいております。
ただし不眠治療は保険の適応外になりますので予めご了承くださいませ。

当院での不眠治療

自律神経が乱れて不眠になる方が多いです。
簡単に説明致しますと、身体のスイッチは日中ではON! 夜中ではOFF(リラックス)といった感じになります。
自律神経が乱れるとこれが逆転してしまいます。

自律神経

前述でも述べられているのですが自律神経についてもう少し詳しいお話をしようと思います。
自律神経は交感神経というものと副交感神経にわかれています。
交感神経でスイッチオン!という状態で副交感神経でスイッチオフ。という状態になります。
筋肉が硬くなると交感神経が優位になってしまいます。
交感神経が優位になると血管は細くなり血圧が上がってしまいます。
本来は朝や日中は交感神経が優位になって活動的に成り、夜や終身時には副交感神経が優位になり血管が拡張して血流がよくなってリラックスできる状態になります。
筋肉がかたくなったりストレス刺激が加わると自律神経が乱れてしまい、自律神経が逆転してしまいます。
朝や日中に眠くなってしまったり夜や就寝時に目が覚めてしまい寝付けないという状態になってしまいます。
この自律神経が乱れてくると夜に眠れない、寝てもなかなかスッキリしないとかずっと症状が取れないとぴう状態が出てしまいます。
しっかりと筋肉を緩めて逆転してしまった自律神経を元にもどしてあげて、質の良い生活を送っていきましょう!!!!!!!!

筋肉が影響?

自律神経の乱れも頚肩の筋肉が影響していることが考えられます。
長年寝付けないとお悩みの方は頚肩のコリが原因かもしれません。
当院の患者様でも筋肉が原因で不眠になられている方も多く見られてきました。
同じお悩みがある方は一度当院にご相談下さい。

不眠が悩みの方も利用されています

当院では不眠がお悩みの方も多くご利用されています。
人間は朝起きた段階から自律神経である”交感神経”が優位になります。交感神経が優位になると血圧も上がり、活動的な状態になります。
いわゆる興奮状態になり運動などには適した状態にあります。しかし、交感神経が優位でありすぎると筋肉もその分緊張状態になりやすいということです。
頚背中の筋緊張を起こすと自律神経障害を起こし、不眠にも繋がることがあります。
活動時には交感神経を高め、休憩時には副交感神経を優位にするといったバランスとメリハリが大事になります。
休憩時にはリラックスできるように音楽を聴くことや、湯船に浸かり身体を温めてあげることが筋肉にとっては良い環境になります。
不眠は副交感神経を優位にすることを心がけることでも解消します。
しかし、長年凝り固まった頸背中の筋硬結(症状の根本)は治療を通さなければ改善はしません。
不眠が何をやっても治らないとお悩みの方は一度受診をオススメします。
当院ではインナーマッスルセラピー(深層筋治療)を中心とした深層筋に対してのアプローチメニューを取り揃えています。
深層筋を鍛えるメニューも新しく導入しましたのでご興味がある方はご相談下さい。